愛人詐欺
愛人を募集していたのに最後は強姦魔呼ばわりされるとは・・・

そんな体験をしたのは東京都在住のTさん(41歳)だ。
所得は高くお金に不自由していないというTさんだが、愛人との出会いにお金をかけるのが馬鹿らしいと考え男女無料の愛人サイトを使ったのが悲劇の始まりだった。
自分好みの写真の娘にメッセージを送ると早速「とりあえずお食事でも」と女性の方からお誘いをかけてくれた。
当時は「本当にお金が欲しい娘なんだ」と少し上から目線で彼女を見ていたとTさんは語る。

大人の関係になるきっかけ

出会った場所はこちらが指定したとあるホテルだ。ホテル内にあるレストランで食事をしていた際に彼女の方から「このあと3万円で大人の関係にならない?」と持ち掛けてきた。
愛人として会ったつもりだったが急ぎでお金が欲しいのかわからないが、目の前の女性から誘われるままにホテルで泊まることにした。
だが、このあと驚愕の結末になるとは思いもしなかった。

体を重ねる瞬間に事件は起こる

室内に入りシャワーを浴びて軽くキスをしながら、ゆったりとした空気が二人を包んだ。
起毛したフワフワのバスローブをお互い纏い、少しずつ消える間接照明のスイッチを指でスライドさせると部屋はほの暗い空間になった。
バスローブを脱がしキスやペッティングをしたあと挿入しようと瞬間その時は訪れた

「やめてーーー!」

フロア中に響き渡るような大声で叫び始めた。
あっけにとられたTさんは体が硬直して動けなくなったという。
そのあとに「強要されてレイプされたと警察に被害届を出す」と言い出したのだ。
そしてさきほど3万円でそちらから話を持ち掛けたと言っても聞く耳を持たない。
「そんな話は知らない」の一点張りだ

会社や家族にバレるのが一番怖い

相手にはまだ一銭もお金を払ってはいないし、動画に約束の証拠を残してもいない。
もし警察や裁判沙汰になった場合、会社と家族にバレることが一番のネックであった。
無罪を証明したとしても何故そこに女性とホテルにいたのかなどと問い詰められたら今まで積み上げてきたものが崩れてしまう。
Tさんはもう従うことしかできなかった。
彼女が指定した金額20万円を支払うことでこの場を収めるしかできなかった。

もし、愛人を募集する場合はこのようなケースがあることを念頭に入れておいた方が良い。
世の中が物騒になり女性でも詐欺を行う事は日常茶飯事になりつつあるのだ。
愛人と契約を結ぶのであるならば一筆書いてもらうなどの処置をとったほうが今後の為だろう。