現在パトロンを持っている女性は今のパトロンが「気前が良い」「本当のお金持ち」だと感じたことはありますか?

パトロンを過去に5人以上抱えた経験が無い人は経験則が働かない為比較しようがありませんが、基準としては50万以上のキャッシュをまとめてくれるレベルのパトロンのことを「気前が良い」と筆者は表現しています。
日本は格差社会と言われており、お金持ちはさらにお金持ちになり貧乏人はさらに増えていくと予測されています。
気前の良いパトロンと言われるのはこのお金持ちのヒエラルキーの中でも半分より上の人であり、それ以下は愛人1人を抱えるだけで精一杯というパトロンが多数存在します。

先日亡くなった紀州のドンファンと呼ばれる野崎幸助をご存知でしょうか?
彼は紛れもないトップヒエラルキーのパトロンと呼ばれる存在でした。その理由として、現代で女性を落とすために一億円をキャッシュで女性に渡す離れ業をできる資産を保有しているからです。
愛人倶楽部では全体の2割の顧客が売り上げの8割を支えているとデータが出ており、これはパレートの法則と照らし合わせることができます。

パトロンとパレートの法則

パレートの法則とは8対2の割合で成り立つ法則のことです。先ほどの愛人倶楽部の件もそうですがWEBサイトにおいても全体の8割の集客を誇るのは2割の人気ページと言うように世の中の出来事にはこの法則が働くようになっています。
このことから、愛人倶楽部に行った際には運営とよく話して気前の良いパパを紹介してもらえるよう手配して貰いましょう。そうすればあなたも少数派の気前の良いパトロンを捕まえることができるでしょう。

愛人倶楽部に行かずに良いパトロンを捕まえるには

女性の中には愛人倶楽部に通うことが嫌という女性もいます。情報が共有される倶楽部では身バレする可能性もあるので使用を控える女性が一定数存在します。
その女性たちはどこでパトロンを捕まえるのかと言うと、自分の足で探しているのです。夜な夜なバーに通ったり異業種交流会などで知り合った起業家やベンチャー社長を相手に愛人交渉を持ちかけているのですが、そういう場所では意外と年収500万円程度の社長しか以内場合が多いです。
これもパレートの法則が働いており世の中の男性の8割は年収1000万円以上ではありません。年収が高い男性を捕まえるためには2割の希少種を見つける必要になります。
じゃあ、その希少種を見つけるにはどうすれば良いのでしょうか?大衆の人が行かないような超高級バーやクルージングパーティーに行ってはいかがでしょうか?
みんなと違う場所で見つけて初めて自分が少数派に立てるのではないでしょうか。