私には人には言えない秘密があります。
知っている人は知っていると思いますけど、友だちや家族には内緒なんです。
それは、働いている会社の社長と愛人関係にあることです。
実は、その会社に入ったのも社長の意向でした。
社長との関係は彼の会社に就職する前から始まっているので、もう結構長い関係なんですよ。

学生時代から社長と愛人関係

社長との関係は私が学生のころに始まったんです。
もちろん、純粋な恋愛ではなくて、最初から愛人の関係でした。
私が学生の頃は色んな所に連れて行ってもらったり、学生のバイト代程度ではいけないようなお店に連れて行ってもらえるのが楽しくて、社長との関係にハマっていったんですね。
大学とかバイト先にはいない、ステキな大人の男性だったのも私にとっては大きかったんです。

もともと、社長との関係は大学を卒業すると同時に終わらせるつもりだったんですけど、私の就活がうまくいかなくて、そのことを社長に相談したら、ならうちに来いという話になったんです。
もちろん、普通に面接して採用という形を取りましたけど、たぶん、採用担当の彼は私がどんな種類の女の子か分かっていたと思います。
私以外の女子社員は40代とかなので、ほかの女子社員に社長の愛人はいないと思うんですよね。

給与と手当が貰えてお得

社長の愛人枠として採用されたと言っても、昼間は普通に仕事しているんですよ。
でも、仕事が終わると、愛人としてのお仕事が始まります。
毎日求められると体がもちませんけど、それは社長も同じですよね。
だから、週に一、二度だけ「残業」があるんです。
入ってすぐのころは、仕事中の「おしごと」があるかもと思ってましたが、社長もそこまでは非常識ではありませんでした。

「残業」をすれば、まともなお給料とは別にお手当てがいただけます。
この関係をいつまでも続けていけるとは思っていませんが、お給料はいいし、お手当てももらえるし、踏ん切りが付かないんですよね。
でも、絶対に最後は私のほうから関係を終わらせるつもりです。
みじめに社長に捨てられるのだけはイヤなんです。

愛人費用を経費に使えるのでwinwin

社長にとっての私は税金対策の側面もあるんですよね。
私はずっと、お手当ては社長のポケットマネーから出ているのかと思っていました。
でも、この前、社長がお手当てを経費から出していると教えてくれたんです。
ちなみに、二人でドライブに行くときに乗せてもらう車も経費で落としているということでした。

もしかして、会社の外には私以外にも「経費」が存在するのかもしれません。
でも、税金対策になっているなら、裏口入社?した私も会社の役に立っているようで安心しました。
公然の秘密ということはないはずですけど、ほかの社員の視線が気になっていたんですよね(笑)