愛人募集出来る男性と言えば、経済的に余裕があるセレブ男性だけでした。
愛人には高級マンションを買い与えて、遊んで暮らせる生活費を全て負担して囲うのが以前は一般的だったからです。
しかしここ数年で愛人募集の相場価格が暴落している事を知っていますか?

相場とは需要と供給によって価格が決まります。
そして愛人募集の相場に関して言えば、暴落した理由は愛人志願者が増えすぎた事が要因です。
女性からすれば愛人になるだけで、毎月一定額のお金をもらう事が出来ます。

愛人のレベルが下がった

少しでも生活を安定させたいと思ったら愛人を志願したいと思いますよね。
従来であれば愛人とは経済的に余裕があるセレブ男性の成功の証としてステータスな存在でした。
なので誰から見ても美人でスタイルが良く、一緒にいて楽しめる高い教養のある選ばれた女性だけだったのです。

そのため愛人を作る場所も銀座の高級ホステスを男性客が「愛人にならないか?」と直接声をかけていました。
ですが今愛人を志願している女性は、ごく普通の一般女性です。
愛人志願者が増えた結果、愛人のレベルは一気に下がり、愛人の相場価格も暴落したという訳です。

逆に言えば愛人の相場価格が暴落したからこそ、今までは愛人になれなかった女性も愛人になるチャンスが生まれました。
そして愛人の相場価格が暴落した事で、男性も今まで愛人が欲しくても作る事が出来なかった一般層も作れるようになったのです。

例えば月額5万円の愛人契約で回数制限なしで会ってくれる愛人が存在しているとしましょう。
そうすれば今まで風俗に月に2~3回通っていた男性であれば、風俗に支払う料金よりも月額5万円の方が料金を安く抑える事が可能です。
しかも回数無制限であれば、週に2回のペースでセックスをする事だって可能な訳です。
男性にとってはお得以外の何モノでもありませんよね。

5万円でも十分な愛人もいる

ですが女性にしてみれば、月額5万円で回数無制限で愛人契約を結んでもいいの?
そんな疑問を持つ人もいるのではないでしょうか?
もちろんその契約内容は、愛人の相場価格が暴落した中でも最低水準に近い価格だと言えます。

でもあと月に5万円稼げればもう少し生活が楽になるのに、そう思っている女性は多数存在しています。
正社員になれずに派遣や契約社員で働いている女性。
正社員でもブラック企業で、サービス残業で働いている女性など貧困層の女性が増えています。

そんな女性が事情があり副業をする事が出来ない状況にいたら、月に5万円でも愛人になろうと考えてもおかしくありません。
月に5万円でも報酬金額とは別に会えば食事を奢ってもらえるはずです。
それに恋人を作ってセックスをすれば、何回セックスをしてもお金を稼ぐ事が出来ません。
なので自分好みの男性の愛人になって、恋人気分で会ってセックスをして尚且つ月に5万円をもらう事が出来れば十分と考えるわけです。