結婚はたとえ恋愛結婚だとしても、ずっと恋人のような関係を維持する事は難しいでしょう。
なぜかというと結婚には生活が付随するからです。
同じ家に住んでいれば、女性はお風呂上がりはスッピンですし部屋着もいつも可愛いものをというのは難しいと言えます。
男性だって家の中でまでずっと格好つけてはいられません。

つまりお互いにだらしないところだったり、ダメな部分が見えてしまうという訳です。
それにずっと一緒に暮らしていたら、会話が減ってしまったりセックスが減ってしまう事もあるでしょう。
子供が生まれたら男と女の関係ではなく、父親と母親の関係にならざる負えません。

そんな中でも時々2人でデートに出かけるという素敵な夫婦がいない訳ではありませんが、大半の夫婦はデートどころか2人で出かける機会もないのではないでしょうか?

男性はいつでもモテたいし、トキメイていたい

言葉は悪いですが結婚するという事は、生活をするという事でもあるのでどうしても所帯じみてしまいます。
だからこそ妻にはトキメキや女としての魅力を感じないと思っている男性は少なくありません。
妻限定でインポになる男性もいるぐらいです。

ただ男として女性にはトキメキたいし、まだまだ現役で女性とセックスだってしたい。
だけど家庭不和にはなりたくないから、線引きもしっかり行いたい。
そう思っている男性にとって愛人募集とは、まさに理想的な関係だと言えるのではないでしょうか?

愛人とは一緒に生活をする相手ではありません。
そのためいつも新鮮な気持ちで会う事が出来、会えば恋人のようにいちゃいちゃする事が出来ます。
セックスをしたいだけならセフレでもいい訳ですが、セフレだと独占欲を見せる訳にはいきません。

男性には支配欲があります

ですが男性は征服欲があり、自分のものを他の男に奪われたくないという気持ちにありセフレを共有するのは嫌という人もいます。
そんな時に愛人募集であれば、愛人は独占する事が可能です。
そして報酬金額は独占する権利を買っているという解釈をする事が出来ます。

では愛人募集で女性が愛されるために心掛けたい事とは、どのような事なのでしょうか?
いろいろとテクニックはありますが、食事デートをする時には個室がオススメです。
そして個室で人目を気にしないでいいからこそ、手を繋いだり足を絡ませたりとスキンシップを行います。

男性がときめくツボを覚えておく

そもそも食べるという行為はとてもエロチックな行為ですよね。
そのため食事をしてからホテルへ行くという場合、すでに食事の段階から前戯は始まっていると意識する事が重要です。
またデートではなく、愛人宅へ男性が訪れるケースもあるでしょう。
この場合は外メイクとは異なる家メイクを行う事がポイントです。

家メイクのポイントはバッチリメイクをするのではなく、すっぴん風メイクです。
自宅だからこそリラックスしていて隙があるところを見せると、男性はドキっとするものです。