愛人募集の場合、相手の男性は社会的地位が高い身元も保証された人が多いと言えます。
そのため信用出来る男性であると言えますが、だからといってセックスの際にコンドームを使用しなくても大丈夫という訳ではありません。

中には愛人募集では高い報酬金額をもらっているから、男性の要望は出来る限り叶えたい。
そんなふうに考える女性もいるかもしれません。
そのためピルを服用する事で避妊しているから、コンドームを使わなくても大丈夫だと思っているかもしれません。
しかしながらピルを服用していても、コンドームは使用する必要がある事をキチンと理解しておきましょう。

ピルでは防げない性病

確かにピルを服用するメリットはいろいろあります。
避妊する確率で言えば、コンドームよりもピルの方が高いと言えます。
そしてピルを服用する事で生理痛などの痛みも緩和する事が出来、さらに女性特有の病気の予防の効果まであります。

そのためピルを服用する事自体は悪い事ではありません。
ですが避妊の効果やその他にもいろいろな効果はありますが、性感染症の予防の効果は全くありません。
コンドームを使用する目的は避妊の目的だけでなく、性感染症の予防の目的も兼ねています。

でもピルの場合は性感染症の予防の効果が一切ないために、感染してしまうリスクが高くなってしまいます。
なのでもし相手の男性が生でしたいと言ってきても、コンドームをつけてセックスをする事が最低限のマナーです、
愛人だからといって拒否出来ない立場ではなく、きちんと拒否する勇気も必要です。

もし仮に愛人募集で知り合った男性の子供を授かりたい、そんな理由でピルも服用せずに生でセックスをしている女性もいるかもしれません。確かに子供が生まれたら養育費を支払ってもらえるから将来的にも生活が安泰になるだろうと考える気持ちは理解出来ます。

トラブル回避の為にも避妊をしましょう

ですが大半のケースでは愛人が子供を産んだ場合に、妻が黙っていないでしょう。
多少の夫の火遊びには目をつむっていても、子供が出来るのは浮気とは別次元の話となってしまいます。
夫と血の繋がりがある子供が生まれる事で遺産などの問題にも関わりトラブルの元となってしまうからです。

それに女性は結婚しなくても子供が生まれたら養育費を支払ってもらう事は当然だと考えるかもしれません。
ですが意外と養育費は支払わずに逃げてしまう男性の方が多く、子供を抱えてシングルマザーで生活に困窮するリスクの方が大きいと言えます。そもそも子供は結婚し夫婦に望まれて生まれてきた方が子供の幸せにとっていいはずです。

最初から愛人の子として望まれない状況で生まれてくる子供の気持ちを考えると、お金のために安易に妊娠をして子供を産むという選択肢は考えない方がいいでしょう。