愛人募集をする事は男性にとっても女性にとってもあまり褒められた行為ではありません。
ほとんどのケースで愛人募集をする男性は既婚者なので、不倫という扱いになります。
結局のところ愛人になった女性は、女性として最も旬ないい時期に愛人として過ごしてしまいその後は捨てられてしまうだけで落ちぶれた人生を過ごす事になる。

そんなふうなイメージを持っているかもしれません。
ですが愛人と言えども、社会的に地位のある成功した男性のそばで過ごす事が出来るわけです。
愛人として得るものもたくさんありますし、愛人としての経験をその後の人生に活かせるようにいい女を目指すべきだと言えるでしょう。
では愛人として過ごしいい女になった成功例をいくつか紹介していきます。
まずA子は最初に愛人として過ごす期間にタイムリミットを設けていました。
ダラダラ愛人として過ごすのではなく、1年間だけ愛人として過ごす事にしたのです。

マナーを学び自分を磨く

そしてその1年間で徹底して美しい女性になるように自分磨きを行いました。
高級レストランでの食事のマナーや社会的に地位がある成功した男性との会話など外見だけでなく内面も磨く事が出来ました。
その結果1年後にはワンランク上のいい女となり、ワンランク上のいい男と付き合い結婚に至りました。

愛人として過ごすという事は、普通に過ごす時とは比べ物にならないぐらい色んな事を吸収出来るチャンスでもあります。
だからこそ期間を限定し女としての旬を逃す前にワンランク上のいい男と捕まえたAさんは成功例だと言えます。

自分の欲しい遺伝子を育てる

次はBさんのケースを紹介します。
Bさんが愛人になった男性は凄くいい男で、Bさんの周囲にはその男性よりも魅力的な独身男性は存在しませんでした。
ですがその男性は既婚者で離婚をしてBさんと結婚してくれるとは到底思えません。

なのでBさんはその男性の子供を産んでシングルマザーとして生きる道を決意しました。
女性は自分の子供を産む時に父親には優秀な遺伝子を持った男性がいいと考えます。

そして出産にはタイムリミットがあるので、シングルマザーであっても子供を産んで育てたいと考える女性は少なくありません。
Bさんもその一人でいい男の遺伝子を引き継いだ子供を育てる事が彼女の生きがいとなりました。
その後Bさんは男性から養育費を支払ってもらい、自分でも仕事をして稼いでいるのでお金には困らない幸せなシングルマザーライフを送っています。

このように愛人募集がきっかけで、その後の人生が幸せになれるように愛人生活を送りべきだと言えます。