パパをゲットするためには、パパから気に入られる女の子に化けるのが近道です。
愛人に向いているのは、芸能人で言えば小島瑠璃子のような性格の女性になります。
同性からは評価は下がりがちな彼女も、男性からの評価は高いのです。
当然、パパになってくれるようなオジサマたちからの人気も高いのです。
そんな彼女を参考に、どんなことに気を付けたらいいのか考えていきましょう。

適度な距離感を保つ

女性からはあざとく見えるこじるりの見せる態度も、男性からは程よい距離感に見えています。
こじるりは着かず離れずが得意なようです。
男性との距離を近づけすぎるとウザくなりますが、こじるりは距離感の保ち方がうまく適度な距離を維持しています。
その感覚が優れているのでしょう。
この点は見習うべきなのです。
やりすぎるとあざとさが勝ってしまいますから、近づきすぎずほどほどにしましょう。
具体的には、相手からの連絡がしばらく来ないと思ったら、自分から連絡して関係が切れないようにする、といった距離感を保ちましょう。

興味がなくても会話を弾ませる

普通の女性は自分が興味のない話題にはそっけない態度を取りがちです。
特に男性の話は退屈で、全く関心を示さないこともしばしばです。
しかし、愛人になりたいのでしたら、退屈な話題でも盛り上げて、男性に気持ちよく話を続けさせましょう。
こじるりはそれが得意なのです。

彼女のように、本当は興味がなくても興味があるフリをして、適度に話に食いついて見せましょう。
それからどうなったのか
どうしたのか
どんな感じなのか
という3種類の質問を挟むだけで、充分会話を盛り上げることができます。
適度な相槌に、パパは自分の話を聞いてもらったと満足することでしょう。

オジサンたちは自慢したいのです。
存分に自慢させてあげましょう。

後腐れのないサバサバした性格

テレビの中んこじるりは、自分に期待される役割を理解したうえで演じています。
その計算高さが嫌われる理由ともなっていますが、愛人になりたい女性にとっては、彼女の姿勢は参考にすべき点があります。
パパ活中の女性は、愛人という役割を演じることに徹することを心がけましょう。
そこに私情は必要ありません。
その意味でサバけた性格が望ましいと言えます。

どんなことがあっても後に引きずらない、さっぱりした性格を目指しましょう。
目指すべきは「サバサバ系」なので、「自称サバサバ系」にだけはならないようにしましょう。

サバサバした女性になるのが難しいのでしたら、人前で他人の悪口は言わないように気を付けましょう。
他人の悪口を話す姿を見て、いい気がする男はいません。
彼らは目の前の女性が悪口を言うのを聞くと、自分の悪口も他の場所で言っているのではないかと考えます。
そんな女性を愛人にしようと考えるはずがありません。

芸能界をたくましく渡り歩いているこじるりを参考にして、パパからモテるように頑張りましょう。
同性からどう見られるかなんて気にしてはいけません。