パトロンの妻に二人の関係がバレた!
ですが、そんなに焦らなくても案外大丈夫なものです。
普通の職場の同僚同士の不倫とかのケースでは修羅場になりますが、愛人の場合、意外とあっさり解決するものなんです。

高所得男性の妻は浮気を容認している事が多い

一般的に、パトロンになれるほどの収入がある男性の妻は、夫の浮気を容認していることが多いのです。
だから、妻にバレるということは理屈ではありえません。
最初からお見通しだからですね。

このケースで気を付けるべきことがあるなら、愛人側がパトロンとの関係を勘違いしないことです。
彼が自分に本気だから、妻と別れてくれるというのは幻想です。
このケースの男性は妻と別れるつもりはありません。
男性にとっては愛人との関係はほんの息抜き、ないし火遊びに過ぎません。
最後に、飽きたら終わりで捨てられるのは愛人のほうなのです。

万一訴訟されてもパトロンが払ってくれる

ただし、パトロンの妻のプライドが高い場合、パトロンの男性が不倫を隠していることもあります。
このケースでは妻にバレた瞬間にすべてがリセットされることになってしまいます。
最悪の状況ではパトロンとその妻が離婚することになります。
夫婦関係の清算は、最終的にはお金でなされますが、このケースでは夫婦間の金銭のやり取りだけで終わりになります。
ただし、妻の側が愛人に金銭を請求することは、あまり想定できません。
なぜなら、そんなみじめなことは妻のプライドが許さないからですね。

このケースで問題なのは、離婚してフリーになった不良債権(パトロン)を押し付けられる危険性があることです。
正直にいって、フリーのパトロンほど面倒な存在はありません。
だから、妻に関係がバレた時点で愛人の側もパトロンから身を引くのが賢明です。

手切れ金としてまとまったお金が貰えることも

第三の可能性としては、パトロンが愛人との関係を清算するケースがあります。
この場合は、パトロン本人、ないしその妻から手切れ金を受け取れることもあります。
パトロンからなら、これで我慢してくれ、という名目で。
妻からなら、二度と関わらないで、という名目になります。
このケースではパトロンとの関係を続けることはできませんから、お金をもらったらさっさと新しいパパを探すか、キープしているならその男性にシフトしていくべきです。
パトロンの男性に愛着があったとしても、そんなものはゴミ箱に捨ててしまいましょう。